<< 時間内にまとめることも実力ですよね | main | 睡眠不足 >>

スポンサーサイト

  • 2009.09.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


万斉×お通

 さっきアクセス解析を見たら「万斉 お通」で検索してこのブログに来てくれてた方がいて、めっっっちゃ嬉しかったです!!!このワードで検索する人がいたことが!←そこ?良いですよね、萌えますよね万斉×お通!
私はジャンプ本誌は買ってないので他の人の感想で見てるだけなのですが、今お通ちゃんが超久しぶりに登場してるんですよね?つんぽさんも出てこないかなっ!あわよくば会話したりしないかなっ!最近の銀魂は私に優しいので(久しぶりの坂本表紙登場、アニメオリジナルお通ちゃん話、吉原編後のヅラ出現率の高さetc)とっても期待してます(笑)偶然よ、もう少し続け!



と、いう訳で以下続きを読むから万斉お通好き(勝手にそういうことにしてます)発見の嬉しさの勢いで三十分で書いた万斉×お通ミニミニ話。







 

「お通殿、緊張しているのは分かるが、声が震えているでござるよ」
 「わわ、は、はいっ」
 万斉のダメ出しに、お通はますます固くなって返事をした。さっきからずっとこの調子だ。お通は悔しそうにうつむいて唇を噛んだ。
 

 今は久しぶりの大ホールを借りてのお通のコンサートの直前リハーサル中だった。商店街や老人ホームなどのドサ回り、果ては歌と関係のない仕事を経て、やっとここまで返り咲けた。このコンサートの結果如何でこれからのお通が決まると言ってもいい。これは絶対に失敗するわけにはいかないライブだった。
 ――落ち着こう
 そう思えば思うほど固くなっているようだ。自分のふがいなさに耐えている様子のお通を見て、万斉はゆっくりと立ち上がるとポンとその肩に手を置いた。ハッとした様子でお通が見上げてくる。目が合う。
 「大丈夫でござるよ」
 万斉はすべての思いを込めてそれだけ言った。大丈夫、どれだけ緊張していたって、現実の声が震えていたって、お通殿、ぬしの魂の歌は、決して曲がらず、まっすぐ響く。
 「はい」
 お通は目を合わせたままはっきりと返事をすると、もう一度ゆっくりと声を出した。

スポンサーサイト

  • 2009.09.09 Wednesday
  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM